特長

1 光学ズーム42倍搭載

ズームには光学ズームと、デジタルズームの2種類があります。

マイクロスコープの最終倍率表示は、光学倍率とデジタル倍率を掛け合わせたものです。

最終倍率がいくら大きくても、光学ズームが低ければフォーカスの甘いノイズの出た画像しか得られません。

実際、42倍の倍率であれば画質の違いは目立ちませんが、約200倍では光学ズーム最大17倍の製品では画像の粗さが顕著に認められます。

画像の比較は、光学ズームを見るのがポイントです。

最終倍率=光学倍率×デジタル倍率
被写体はミツバチの口(標本)

詳くはこちら

ページの先頭に

2 充実の基本機能

画像[静止画]の撮影・保存・確認

■開始場面の画像

■プレビュー場面の画像

※ 動画ダブルクリックでフルスクリーンモード

■実際の撮影画像
  • 10倍
  • 20倍
  • 42倍
  • 105倍
  • 196倍

動画の撮影・保存・確認

撮影箇所の「移動~拡大~画像効果処理」を動画撮影、保存しました。

  • ■録画データはVT300のTFT画面上でも、PCに取り込んでPC画面上でも再生、一時停止、保存もできます。
  • ■また、昆虫や微生物など動きのある被写体を録画することも可能です。

撮影データの管理

  • ■撮影データはファイルとして「標準搭載の2GBメモリ」に保存されます。
    SDカード等を別途購入する必要はありません。
  • ■保存可能なファイル数は個々のデータ容量に拠りますが、静止画像は数1000枚、動画は数100分です。
    データを取り出したい時は、VT300本体を付属USBケーブルでPCと接続すればPC上から「リムーバブルディスク」内データとして読み書きできます。

簡単充電

  • ■USBケーブルでPCのUSBポートまたはACアダプタに接続するだけの簡単充電
  • ■乾電池の様に買い替え不要で経済的

画像効果

視たい箇所を際だたせて映すモードを選択

  • ノーマル
  • グレースケール
  • 色反転
  • エンボス

ダブルウィンドウ

拡大・左右比較

画面を2分割して
[右側に撮影済の低倍率全体画像]
[左側にリアルタイム画像]
を表示し、左右比較拡大

  • ※このモードでは合成画面は撮影、保存できません。PC操作モードであれば可

補助照明

カメラヘッドのLED輝度は8段階に微調整可能
暗い場所でも補助光なしに画面を見ながら、反射しすぎない最適な明るさに設定

  • 輝度:1
  • 輝度:2
  • 輝度:3
  • 輝度:4
  • 輝度:5
  • 輝度:6

↑ ページの先頭へ

3 パソコンからも簡単操作

付属のUSBケーブルでPC接続して、専用ソフト[VT300 Viewer]を起動すれば、PC顕微鏡として操作することも出来ます。
大きく見やすいPC画面上で画像を比較、計測、特殊効果、編集など多彩な処理ができます。

詳くはこちら

↑ ページの先頭へ

4 付属のオプションで、さらに使い易く

スタンド

  • ■置き台(クレードル)の昇降(0 ~ 16mm)により、被写体の厚さに合わせた接写距離に調節
  • ■焦点合わせ、輝度調整、拡大縮小などのボタン操作時にも、ブレやズレを防止

  • ハンドストラップ取付
  • ネックストラップ取付
  • キャリングポーチ

VT300 ポータブル&PC接続 軽量コンパクト スタンド付

  • 特長
  • 各部機能
  • 製品内容一覧
  • 仕様・動作環境
  • ダウンロード
VT300|製品一覧|マイクロスコープ

 

ページの先頭に