撮影スタイル比較

機能性フィルム製品の品質管理

業種業態 : フィルム、プラスチック資材、製品の開発、企画、製作、販売

使用機種 : UM12

使用方法

たとえば漬物などの食品を封入する袋に使われた機能性フィルムに、ピンホールなどの微小な穴が空いた場合、調査のために該当箇所の画像をハッキリと大きく撮影する必要があります。

穴の空き具合を拡大して観察できるので、それが袋の内側から突いたのか外側からなのかが判別できます。
問題箇所がしっかり認識できるクリアな画像があると、お取引先様の求める資料を作成するうえで非常に効果的です。

コメント

U以前に使用していたマイクロスコープが故障したため、最新機種をいくつか比較検討したのちUM12を導入しました。
過去の機種より安価で高性能、使い易くなりました。

オートフォーカス対応であること、価格と性能のバランス、購入前にデモができることがUM12を購入する決め手となりました。

当社と発売元のハイパーツールズ社は同市内で近かったこともあり、訪問デモしてくれたことも評価しました。

要望事項

オートフォーカスのスピードについては他機種に比べれば随分と速いが、さらにスピードアップしてもらえると嬉しい。
また、被写界深度がさらに深いと手前~奥にかけてより広範囲で焦点が合うので、好ましいです。

→弊社より回答

オートフォーカスのスピードアップについては、今後の技術進歩に合わせて改良版をリリースしていく予定です。
もっとも一般的なデジカメと比べても精度が要求されるため、技術的にも同列には扱えないことをご理解いただきたく存じます。

また被写界深度は少しでも深い方がよいことについては、ご指摘のとおりです。
被写界深度の深い製品を開発することは技術的に可能ですが、コストが桁違いに上昇し別カテゴリの製品となること、また市場には既にこれら数百万円の高級機が存在していることなどマーケティング上の理由からも開発は検討中の段階です。
当製品の焦点範囲はピンポイントにとどめることにより、お求め易い価格で実用性の高い性能を実現しています。

撮影スタイル比較

  • 1. 菓子の開発・製造・管理に幅広く活用

ページの先頭に