撮影スタイル比較

開発品の仕上げ状態をPCに画像表示、ミーティングで議論

業種業態 : ステーショナリー(文具)の開発・製造

使用機種 : UM05

使用方法
  • 開発中の文具の様々な箇所を拡大表示、撮影
    樹脂部品の成型具合、接合部の仕上げ状態、ボディの印刷具合など。
  • UM05を数台ほど導入し、各人のPCに接続して使用。
  • 打ち合わせの際、参加者が同じPC画面に表示された拡大画像を見ることができるので便利。
コメント

以前から社内の研究開発室には、伝統的な高性能顕微鏡(約100万円)は設置されており今も使っているが、いくつか要望事項もあった。

  • 他部署や客先で使うには大きくて重いので持ち出しに適さない
  • 接眼レンズから拡大画像を見ることができるのは1人だけなので、複数の人がリアルに同じ画像を見ながら議論することができない
  • 画質は100万円の機種ほどなくても良いので、複数人が使える安価な機種も何台かは設置したい。
  • フォーカスも自動で設定されるのでラク、これはデジカメと同様かと思う。
  • 接続していないPCで使いたいときは、USB接続しアプリケーションソフトをインストールすれば何台でも共用できるのも助かる。

撮影スタイル比較

  • 1. 菓子の開発・製造・管理に幅広く活用

ページの先頭に